人生後悔したくない…年齢を言い訳にしない50代ラストイヤー



日本メンタルメソッド協会公認 アロマ心理カウンセラー 山本ともみです。


私事ですが、本日50代最後の誕生日を迎えました。



健康に過ごすことが、こんなにありがたいものかと実感する一年でした。

コロナもですが、母の介護の始まり。

「当たり前の生活」が失われて新しい生活様式になりました。


竹内 まりやさんの「いのちの歌」の歌詞

本当にだいじなものは隠れて見えない
ささやかすぎる日々の中にかけがえのない喜びがある

という言葉に深くうなずけます。


50代ラスト一年をどう過ごすかを考えるために50代を振り返ってみたいと思います。



50歳になって思ったこと


「人生は有限」

本当に当たり前のことなのですが、50歳を過ぎてひしひしと感じました。

平均寿命からするとまだ終わりまで余裕があると思っていたのですが、

いったい何歳まで働けるのだろう。

やりたいと思った時に自分で行動できるのはあと何年あるだろう。

旅行にはあと何回行けるのかな。


以前は60歳定年でしたので、そこまでのことはなんとなく考えてましたが、

そこから先、どうやって生きていく?って考えた時に、

なにかを始めるパワーを持っているのはあと何年あるだろう。

やり残していることはないかな・・と考えたのです。


50代をどう生きるかが大事なんじゃないかなって思ったんですよ。


そして「私なんて」と思っていたけど、

せっかくこの世に出してもらって「私だからできること、まだやれていないこと」があるんじゃないのかなと。




50歳からの挑戦


*事務職から営業スタッフに転向

*延べ23年働いた会社からの転職

*アロマ心理学アロマップの資格取得

*運転免許の取得

*医療事務の資格取得

*アロマップのセミナー開催

*カウンセリング&ワークショップ開催

*SNSを始める

*57歳での転職

*プライベートサロンをオープン


書き並べるとずいぶんたくさんの新しいことにチャレンジしてきました。

努力や思い切りは必要でしたが、苦しくはありませんでした。

なぜなら、どれも自分がやりたいと思うことをやっているからです。


今思えば、それまでは「やった方がいい」が基準だったり、

できるかできないかで、やる・やらないを決めていたようです。




やめたらできたこと


自分の中の年齢制限をやめた

こんな歳からと思うこといっぱいやりました。


運転免許もこの歳で?

転職?

開業?


その分若い人より、余分に時間がかかり、ドキドキも味わいました。

でも、自分のタイミングは今なんだと言い聞かせ、ラストチャンス!と捉えました。


あの時やっていればをやめた


若いころは、先が長いので先々の思いが強くなります。

どんどんハードルが高くなり、「いつかできるようになったら」と期待します。

でも「いつかはむこうからやってこない」ことに気づきました。

思い悩んでも、笑っても同じ時間が過ぎます。

それならば、やってみたいことをハードルをうんと下げて、できることはやってみようと

思えました。

あの時は二度とこないですから。

開き直りですね(笑)



ラストイヤーに思うこと


私、若い時より今の自分の方が好きです。


それは、自分はどう思うのかを常に意識できているから。

一日一日を丁寧に生きようと思っているから。


「今」の積み重ねが人生だと思うのです。

思い通りにいかないことももちろんあります。

そんなことの繰り返しです。

でも、毎日毎日経験を積み重ねられている。

特に、アロマ心理学の勉強をしてから

大勢の人と知り合えて視野も広がりました。

皆さま、ありがとうございます!



またまた竹内まりやさんの、今度は「人生の扉」の歌詞が

とても胸に刺さります。


ひとつひとつ人生の扉を開けては感じるその重さ
ひとりひとり愛する人たちのために生きてゆきたいよ


チャンスを大切にして、あきらめずていねいに時を刻んで生きていこうと思います。


誕生日を迎えた自分へのメッセージですが、

50代を生きている方、これから50代を迎えられる方に何か参考になれば幸いです。



毎日モヤモヤしている方、

自分だけでは踏み切れない方、

自分のことがよくわからない方、

きっかけに話に来られませんか?

カウンセリングのお申込みを受け付けております。

お申し込み・お問合せはこちら



ココロxカオリ

アロマと心理 カウンセリング&レッスン 大阪/長居

0コメント

  • 1000 / 1000